企業

2018年の最初の9ヶ月間に、海外労務管理省(労働省、病務社会省)のデータによると、10万人以上のベトナム人労働者が海外で働いています。

そのうち、台湾の労働市場(中国)は5,927人の労働者(1,912人の女性労働者)、日本は9,004人の労働者(3,491人の女性労働者)、
韓国は510人の労働者(23人の女性労働者)を受け入れます。 、マレーシア:100人の従業員(39人の女性労働者)、
サウジアラビア:225人の従業員(138人の女性労働者)。

日本はベトナムの労働者が目指す、そして将来に増え続けます。


 



日本はベトナムの労働者が目指すものであり、今後も増え続けるであります。

 
MDベトナムは、ベトナムの労働者を海外で労働させるために労働省、戦争犯罪局、社会問題省によって認可されています。 日本で働く労働者を募集する分野での長年の経験に加え、ベトナム全土のオフィスシステムであるMDベトナムは、企業や組合にとって最適な選択になります。 質の高い労働者を日本に雇用することに注力する。
 

現在、MD複合施設の本部に加え、ハノイのMy Dinhにある68 Nguyen Co Thachベトナムでは、8つの最大規模の労働輸出訓練センターが建設され、現在運営されています。 ベトナム、これは海外に出勤する準備をしている参加者にとってより良い学習と訓練の環境です。


1. MDベトナムの研修生は何を教育しますか?

- 日本語を教育します。
-体育、健康を教育します。
- 日本の文化を教育します。
- しごとを研修します。
- 日本での働きと生活を研修します。


 


 
MDベトナムでの基本的なトレーニングプログラムの一つは日本語である


2. どのようなMDベトナムがあなたに提供しますか?

MDベトナムは、中学校から高校生、大学、大学まで、あらゆる日本のパートナー料金で必要とされる最適かつ最適な研修生を提供します。
 
600人以上の若くて熱心な従業員のチーム、その多くは日本に9つの駐在員事務所を持つベトナム人研修生でもあります。 そのため、企業が最も適切な研修生を見つけられるように最大限のサポートを提供することの懸念と意欲を理解しています。

 それに加えて、MDベトナムは日本の労働輸出の分野でオンラインマーケティング活動でベトナムで第1のユニットであり、主要なウェブサイトシステムは労働検索市場シェアの60%以上を占めています。 同社の公式求人スタッフに加えて、MDベトナムはまた、地域のリソースを募集するために直接従業員のシステムを構築しています。

全国の63の省と市に従業員制度が広がっており、各省の求人労働力の源泉となっています。特に、ベトナムでは初めて、最大規模、最も専門的な訓練センターがあります。私たちは相棒の要求と要件を遵守して建設され運営されている労働輸出訓練センターがあります。ベトナムのMDトレーニングセンターは次の場所にあります。
 
  • センター1:ナムアンカーントレーニングセンター
  • センター2:ベトナムVISインターナショナルスクール -  Duong Noi、Dai Mo、Ha Dong
  • センター3:Di TrachとHoai Duc工業地帯
  • 中心4:126テイソン、ハタイ、ハノイ
  • センター5:旧成都大学、ハノイ、ハノイ
  • センター6:バッハコーア大学 -  Tay Son  - ハノイ•センター7:Duong Noi  -  Ha Dong
  • センター8:ハノイのハータイ教師養成大学、Pho Voi、Thuong Tin Town、Thuong Tin District。ガソリンスタンドThuong Tin 200mからの道





MDベトナムには広域の8つのトレーニングセンターがあります

 
 MDベトナムはあなたのための解決策となり、日本の組合に高質のベトナム人的資源を提供します。 MDベトナムでは、常に次のような深いコミットメントを持っています。
 
 - 最高品質の研修生ソースを提供します。
 - 常に受け止める、お客のニーズを満たします。
 - ベトナムの労働者募集の過程で労働組合を支援するために同行になります。
 - 社会全体に利益をもたらすために労働者の採用を促進する。

私たちはMDベトナムでの研修生研修の質に自信を持っています。日本語の能力条件と仕事が要求にあたって、教育態度とか積極な働きがあれば、実習生が出国することが許可されます。私たちはベトナム人研修生の実施、行動そして生産性における誤り(もしあれば)に全面的に責任を持ち、責任を負います。 不適切であると感じた人は誰でも本国送還され、別の候補者と交代されて無料になります。


 
                                                             インタネットより。
ベトナム語参考こちら。