総合ニュース
日本に食品加工業者を派遣している企業の90%は、食品加工に縫製や農業労働とは異なる性質が必要であると理解していません。これは職業の要件を満たさない従業員の選択につながりますが、工場での作業は最高の効率を達成しません
ベトナムと日本のエンジニアリング業務の最大の違い事は、それが初心者のマシンユーザーであり、常に最新のマシンとテクノロジーを更新するということです。ベトナムから実習生を選択するときにそのため、日本ではすべての機械工学の植物が適応していない品質保証につながり、企業の機械システムを操作しない事、心配熟練労働者が悪いです?
現在衣料品の輸出は女性にとって第一の選択施肢である。比較的軽い仕事であり労働収入は安定し工場に中心して作業を行っております。好きであれば将来的にあなたの成長させる機会になります
日本の建設業界は、最もベトナムの労働者を受けています。これは外で働いたり、気象に依存したり、高い作業するなどで、他の産業より難しい作業です。
牛を飼うといえば、大変で、困難な作業だと思って頭を振る。人材派遣株式会社は純分の数を足るために早いし、厳しくない選びます。それで、実習生は仕事に興味がなし、質量が低く評価します。実習生が疾走する時、企業に悪く影響します。
衛生安全は水産加工の作業に一番大切です。しかし、このことにベトナムの技能実習生が関心が軽くて、また労働者を派遣する会社も知識の教育に関心しないです。それに、多くの派遣会社は選考試験の2,3日前に技能実習生を集めて、教育します。それで、技能実習生は職業の知識が足りなくて、水産加工の衛生安全の問題を関心しません
内装仕上の職業の特徴はいつも外を出て、いろんな現場に移動しなければならない、同時に同業者と結合しないといけないです。それで、技能実習生のコミュニケーションを要求し、同業者と監督者の意見、指導を受け取ることができます。