協同組合との流れ

協同組合の流れ:

  1.  基本の交譲 
    • 需要と施設と正問題を交換します。
    • ベトナムMDは御組合に適当な働き方と弊社について資料を送ります。通常に、社員は御組合に直接に相談しに行きます。
    • 事務所と教育センターの視察スケジュールを整理します。
  2.  条件と働きの箇条を決定して、契約を締結します。
     

  • 御組合が満足すれば、視察と交換した後に、ベトナムMDと契約を締結できます。
  • ベトナムの労働監視局へ契約を出し上げます。
        4. 面接をします。
  • ベトナムMDは募集の情報をもらって、お客さんの対応を準備し、面接をします。
  • 最も対応すれば、御組合はべとナムMDがお客様の趣味のを知るために応援します。
  • ベトナムMDと御組合は企業を対応します。

        5.  教育の流れと実習生の結果を観察に結合します。

  •  各実習生の教育流れを応援するために、御組合は企業の需要をちゃんと分かるし、ベトナムMDと企業の架け橋であり。
  •  実習生にビザ申請の手続きをしてあげます。

       6. 初月に、実習生を受け取って、教育します。

  • 初月に、御組合で住所を応援して、住所について企業との相談します。
  • 日本で働きの環境とか勉強とかに収容するために、ベトナムMDの社員のと共に、企業は実習生を応援します。(多数の実習生を受け取る御組合には御組合で弊社の従業員が働いて、住んでいます。
  • 仕事中に実習生を管理して、観察します。

       7. 実習生との働きの期間を終わります。

  • 御組合は実習生に帰国の手続きを応援してあげます。
  • ベトナムMD履歴書を処理して、帰国した後の実習生に仕事を応援してあげます。

 

                                                    ベトナム語参考こちら