訓練教育センター

ベトナムMDは労働傷病兵社会省から海外に人材を送り出し許可を得て会社を設立致しました。ベトナムMDの子会社  ベトナムに8つ
の最大の訓練センターを1つの本社含まれています。これは、日本に入国する前の技能実習生とエンジニアの日本語と専門技術学習
とトレーニング環境です。

ベトナムMDの訓練センターがベトナムで最大の規模を持つ理由
 
  • 孤立した学習環境は、海外で働けるように騒々しい都市部を分離し、気晴らしを避け、1つのタスクにのみ焦点を当てます
  • 訓練センターの位置は、ハノイの中心部から7~10キロなので、非常に便利です。
  • トレーニング中の実習生とエンジニアは家を離れて訓練センターで集中し海外の生活ができるように訓練して頂きます。
  • 学生は新鮮な空気、きれいな食べ物、健康、訓練するのための興奮を作成する
  • センターには、1000人以上のスタッフと、職員と外国の専門家と仕事だけでなく、教育と訓練のプロセスに役立つ設備と設備が充実しています。
ベトナムMDの実習生とエンジニアは何をトレーニングされていますか?

ベトナムMDは日本に到着するとすぐにセンターの実習生が確実に働けるように、日本の標準訓練プログラムを実施しています。

1、日本語の教育

初級日本語研修(ひらがな、カタカナ、発音...)、工場での専門教育
目的:日本語能力N4-N5が合格できるように
教科書:JITCO認められる教科書 (皆の日本語)
トレーニング時間:4-6ヶ月
訓練方法:授業時間(8時間)+ 実習(3時間)
先生:日本方とベトナム方
ベトナムMDでは、トレーニングの質を評価するために、毎日のミニテスト、週中テスト... テストを通して、インターンの態度と
学習成果を評価します。日本語教師は、教室での学習に加えて、日常生活における課外活動、集団活動、日本語教育を統合し、計
画しています。特に、MDベトナムでは、学生のリスニングとスピーキングのスキルだけでなく、日本人の仕事の態度にも重点を置
いています。
 
 
MDのクラスは日本語を大変訓練されています
 
2.日本の文化、法律、働き方の研究
ベトナムMDの学生は常に訓練可能事。
 
  • 道徳的、儀式的、人生における行動を実践する
  • 日本の法律、会社のルール、会社内の人々の対処法について学びます
  • 尋ねる方法、着る方法、食べる方法
  • 公共サービスの利用方法:警察、交通機関、病院、銀行、郵便局
  • 日本の地震、火災、自然災害などの緊急事態への対応
3. 作業中の訓練姿勢

- 5S + Horenso(報告、連絡先、ディスカッション)、安全衛生、従業員の行動。
- 時間を守る
-メジャーからの就職成績
 
ベトナム語参考こちら